借地権の内容は?


もともと借地権は、借地借家法に定められた法律です。1921年(大正10年)にできたもので、貸す側にかなり不利な部分があったのも事実です。それを変更してできたものが、新法と呼ばれるものです。

一部では、旧法と呼ばれる借地権がまだ残っています。「旧借地権」と呼ばれ、借地期間が終了してもよほどの理由がない限りはそのまま借地権が続行され、しかも契約期間が長いため貸す側にかなり不利な内容でした。このため、しばし問題視されていたのも事実です。一部では、まだこの法の適用を受けている住宅があります。

「普通借地権」というのがいわゆる新法と呼ばれるものです。建物の非堅固・堅固にかかわらず契約期間を30年と定め、更新は1回目で20年、2回目以降10年と定められました。この期間はもちろん貸す側からの契約解除は基本的には認められませんが、契約期間を変更したことである程度の自由が利くようになりました。

あと一つが、定期借地権と言われる「一般定期借地権」です。文字どおり期間定めて賃借契約を結ぶ方法です。借地契約期間は50年以上と定められており、契約書は公正証書などによる正規のものでなくては認められません。契約満了時には土地を更地に戻し、地主に返還します。

細かく分ければまだ違う部分もありますが、概ねこのような内容になっています。基本的には貸す側の自由で明け渡す必要はありませんので、普通に生活をすることができます。